« サンフランシスコでお仕事 | トップページ | アウェーな出張、続く »

2014年8月12日 (火)

ニューヨーク、自分で見つける

サンフランシスコの仕事を終え、ニューヨークに来ております。

時差ボケ再発(涙)

いやあ6時間のフライトがっつり眠ってしまいもう体内時計がばらばらです。

P8105733
お約束のグランドセントラル駅。Eric Claptonが「Change the World」歌ってたとこですな。

以前からNYへはよく来てるんですが、まだ行ったことが無いところも当然ながらありまして、今回はその辺を拾っていこうという完全プライベート。だってNY泊まるのも他に泊まるのも同じだし、何しろミッドタウン中心で200ドルという格安なプランがWestinホテル(以前のヘルムスレイですが)が出してたので♪。

行ってなかったのはマンハッタンの南、ソーホーとかイーストヴィレッジ。倒壊前のWTCには行ったことがあるのですが、文化があるその辺りに行っていなかったので、まずはぶらりと。

P8105763
イーストヴィレッジの緑濃い通り

私、旅行でも特に凄く何かやるわけじゃなくて、そこをぶらぶらするのが好きなんですね。まあ観光スポットにも行きますが、その空気感を楽しむというか。だからあんまり下調べもがっちりせず、足の赴くままに歩くことが多いです。で、こんなカフェがあったから最高ですね。

P8105768
ほんとにふらっと入ったカフェでコーヒー

とにかくスターバックスが猛威を振るっているアメリカ、WiFiもあり便利なんですが、やっぱり違った地元感のあるところに惹かれます。

今回はとにかく無茶苦茶歩きました。地図でみると恐らく10kmは歩いてるかな?分かる人は分かりますが、グランドセントラルからイーストヴィレッジまで行って、また戻ってそのまま北へ。

P8115776

P8115778
ダコタアパート

そう、John Lennonが凶弾に倒れた正にそこです。ここはセントラルパークの真ん中少し南に隣接したところです。近くにカーネギーホールもありますが、現在は改装中。実はカーネギーホールの近くにあるEssexホテルに泊まったのが私のNY初ホテル、今から15年以上前なんですが、何故かダコタアパートには行ってなかったんです。

さすがに歩きつかれてここからは地下鉄でまた一旦ホテルに戻り、ちょっと昼寝してから再度外出。実は写真はその前日ですが、ロックフェラーセンターです。
P8105736
この近くにポケモンセンターもありまして、この写真に見えるオブジェはポケモンなのか?

それにしても観光客が集まるNYですが、中国系とラテン系の人が多い。それは分かるのですが、とにかく日本人が減りました。日本語が本当に聞えないというか、初めてアメリカに行った時はもっと多かったと思います。この辺も力学の変化が出てるんでしょうかね?

P8115786
ドミニカ人のパレードがあってその時のひとこま。これもラテンパワー。

そして夜はチャイナタウン~リトルイタリー~ソーホーを散策へ。これはさすがに遠いので地下鉄を使いました。ちなみにもう地下鉄は本当に普通の足ですね。混んでいますが危険は全く感じませんでした。

Img_0116
リトルイタリー入り口

Img_0120
チャイナタウン

Img_0123

Img_0126_2
ソーホーで偶然入ったフレンチと肉、プレフィックスで26ドル♪

今、ネットが発達しているので、「行かなくても様子が分かる」とかが当たり前になりました。あと、「自分だけの穴場」というのも確実に減っている。

でも、やはり実際に足を運んでそこに身を置くのは全然違うんですね。音であったり匂いであったり人の表情であったり。で、偶然を楽しむのが旅行ならば、少しガイドブックを置いてぶらつくのも楽しいものだな、と思うんですよ。正直ド外れなこともあったし、これからもそれはある。でも、少なくとも危険情報に注意して(これは大事)色々飛び込んでみるっていうのは、中々に楽しいこともありますし。もしその場所が一般に知られたところだったとしても、自分が見つけた、出会ったというその過程こそが大事じゃないかな?という気持ちです。

さて、これから更なる時差ボケと戦いつつ、仕事に入るわけです(汗)。




|

« サンフランシスコでお仕事 | トップページ | アウェーな出張、続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/60135151

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク、自分で見つける:

« サンフランシスコでお仕事 | トップページ | アウェーな出張、続く »