« K'z、このふざけたバンド名のバンドその後 | トップページ | 楽しき即興:Onwaadheid@八王子XYZ »

2014年9月28日 (日)

逸材:Tears of Tragedy & Mardelasライブ@吉祥寺Crescendo

Byii1ryciaasigi

さて、何故か最近ライブハウスへ行くことが多いのですが、何より自分の琴線に触れる音楽が増えていて嬉しい限り。で、今回も行ってきたのはインディーズメタルの聖地、吉祥寺Crescendo。出演はDestroseを脱退して自分のプロジェクトMardelasを立ち上げた蛇石マリナ、その主催の共演ということでTears of Tragedyというメンツ。マリナは初めて、Tears of Tragedyは半年以上のご無沙汰です。
で、このライブ、Crescendoのソールドアウト記録だそうで、24時間で所定枚数が売り切れたそうです。いやあ人も多かったですな。
<Tears of Tragedy>

何しろ去年末に出た「Continuation of the dream」が余りに素晴らしかったわけですが、まだ新譜のアナウンスも何もない状態、今回は既存曲での勝負でした。そのアルバムのスタートであるインストの音源が流れる中、メンバーが登場して、やはりアルバムと同じ流れで「Euclase」。

お、Harukaの声が良いじゃないか♪


何時も最初は不安定なんですが、今日はとても良いと思いましたね。最近のバンドの例に漏れず、バックはしっかりしているんで(それでもたまにやらかすんですが、ここはw)、とにかくボーカルの良し悪しが全体を左右します。まずは良い感じでスタートですな。


例によってセトリは全然覚えてないんですが、特に素晴らしかったのは「It like snow...」のイントロでシンセをバックにしたHarukaの独唱。少し低めのキーで入るんですが、美しかったなあ。あと、何時もこのバンドで思うのは、バンドにも「得な性格」と言ったものがあるな、ということ。例えばMCやっててギターの音が出ずに、そのまんまグダグダになってるんですけど、これが余り気にならないんですよね、私だけかも知れませんが。あと、Toruのギター、相変わらず一音一音がしっかり出てるな、と思います。更にリズム隊、特にドラムの音というか密度が以前より高くなって凄くタイトになったと思います。

少し厳しかったのは中盤の「VOICE」かな?何が原因か判りませんが、ギターソロまでのHarukaの音が低いんだな。同期でコーラス被せてるから余計によく分かる。ギターソロでHaruka踊りwやっている間に耳を弄っていたから、もしかしたら耳栓かモニターイヤホンの調子が悪かったのかも、その後は安定してましたから。上で独唱が良い、と言いましたが、それと比較するともしかしたら楽器隊の中で歌うほうが相対的に難しいのかもしれません。


なんて言いましたが、いやあ楽しかったっす。何時も思うこと、それはこのバンドの音のシリアスさとハッピーな空気の共存。やっぱりショーなんでね、音楽がいいのにプラスしたものはあった方がいいに決まってる。ちなみにHaruka、すげえキュートです。キュート、という語感がぴったりなんだよな。その辺を維持しながらもっとよくなるんじゃないか、と期待してるんですよね、私。


<Mardelas>

さて、今日のメイン、Mardelasです。注目は中心のマリナですが、脇を固めるBのHibikiとDrのYumiというLIGHT BRINGERコンビも大事な私です。Gが二人という5人体制。いきなりシングルになった「Phantasia」。

何、このボーカル?(驚)。


とにかく声量、音程、音域、とんでもなく凄い。先行の音源では、余りにこぶし回し過ぎていてちょっとしつこいな、と思ったんですが、その辺が上手く抜けて、いい感じのバランスです。その上で高音のビブラートを掛けながらの伸び、超高音シャウトの凄絶さ、改めてですがスゲー逸材ですよ。

実は曲を殆ど知らない(多くは今回のための書き下ろしだったらしい)んですが、とにかくマリナのボーカルに圧倒されたライブです。正にロックボーカル。かなり癖はある声ですが、これだけで充分金は取れますね。知っていたのはカバーのLoudness「Soldier of Fortune」、これも笑っちゃうくらいの迫力と上手さで歌っちゃうし、あの高崎晃のタッピングはHibikiがベースでやっちゃうという(笑)。

あとはどう曲を作っていくかですね。今日はとにかくライブということで実は曲がよくわかっていない、ボーカルだけ聴いていたんで。どういう曲をどう作りこんでいくか、彼女のボーカルに頼る形ではなく、今回発表した曲のような正統なメタルで勝負して欲しいなあ。

<セッション>

最後はHarukaとToruをTears of Tragedyから呼んでのセッション。面白いのはマリナの方が圧倒的な声量と声域のはずなのに、並んで歌うとHarukaの歌が埋もれない。この辺が上手いだけではない個性の大事さかな、と思いますな。

いやあ、二つのバンドともこれからが楽しみで仕方ないです♪最後にMardelasの「Phantasia」、トレイラーです。

|

« K'z、このふざけたバンド名のバンドその後 | トップページ | 楽しき即興:Onwaadheid@八王子XYZ »

コメント

お疲れ様でした。
帰りの時にスナッキーさんに教えていただきいらしていたことがわかりました。すごく近くにいたのですが・・・直接お話しできずに残念でした。(たぶんすぐ後ろに私がいました)
マリナさんはかっこいいですね。名古屋で初めて見たときに衝撃を受けました。ライブ前の物販にいたのが本人だとわかった時の衝撃も!!ライブモードじゃないと「小さくてかわいい娘だけど、本人じゃないよなぁ?」という感じでギャップ萌えも(笑)結局ライブ後も先行のCDを買ってしまい3枚も買ってしまいました。
DEST ROSEは以前のメンバーの時に吉祥寺setaでグダグダなライブを見たことがあったので、それ以降避けていたのですが、彼女が在籍していた時代を見れなかったことを後悔しています。
Harukaさんの歌すごいですねやっぱり。セッションでマリナさんと一緒に歌う時に力負けしちゃうんじゃないかなんて思ってたのですが、歌い始めるとすっかりHarukaカラーに空気が染まってしまってましたよね。何いろって表現するのが適切かは難しいんですが、彼女が歌うと空気が染まってしまうなぁと。

いよいよワンマン決定。予約も盛況だったようなので期待が高まります。

投稿: matrock | 2014年9月29日 (月) 17時23分

matrockさん、ありがとうございます。

近くにいらっしゃいましたか!次回は是非、でございます。Destrose時期のYouTubeとかを見ても、「Voはいいけどなあ」という所で止まっていました。このライブは凄まじかったですね、惚れました(笑)。面白いのはHarukaとのセッション、そうなんですね、声量とかではないHarukaならではの勝負どころっていうのがあるのがある意味強い。まだまだ伸びそうです。ワンマン、参加いたします!

投稿: ドイツ特派員 | 2014年10月 5日 (日) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/60385917

この記事へのトラックバック一覧です: 逸材:Tears of Tragedy & Mardelasライブ@吉祥寺Crescendo:

« K'z、このふざけたバンド名のバンドその後 | トップページ | 楽しき即興:Onwaadheid@八王子XYZ »