« 期待しかない:K'zライブ@目黒ライブステーション | トップページ | 最後に最後のLIGHT BRINGER »

2014年11月 5日 (水)

最後、最後のアルバム:「monument」(LIGHT BRINGER)

連休に余りに衝撃的な告知が出てしまった我が愛するLIGHT BRINGER(ラブリー)、なんともちぐはぐになったタイミングで出されたアルバム、「monument」です。今となっては何とも皮肉なタイトルです。

B1lv2oiccaamhs7
これ、会社の帰りに買ったんですよ、一日早く。

色々な思いはありますが、出来る限りそういう周囲の状況を排除して聴いているつもりです、つもりなのが辛いですが。

SEとしてのイントロ、M1「旅途」から、最初にリードトラックとして動画も上げられたM2「Clockwork Journey」へ。Mao作曲なんだ(感想はリンク先で)。そのまま少し怪しげなイントロからM3「Gothel」へ。歌詞も何かをモチーフにしているようですが、私にはその元がわからないので、意味のないようなあるような浮遊感。で、Fuki様の歌、敢えて軽くしてるのかな、と。プログレッシブなバックに少し泳ぐような歌い方。とは言え彼女印の個性は出てるんですけどね。

ちょっと気になるのは音。ドラムがブワっと歪むんだよな、所々。特にスピーカー経由の時。イヤホンではそこまでじゃないんだけど、やっぱり歪む感じ。

で、その後はちょっとポップともいえるM4「Dicer」。珍しく英語の歌詞が入っているけど、こんな歌い方ははじめてかも、Fuki様。これもMao曲だけど、キーボードが少し古めのロックの雰囲気を醸しだして面白い。ドラムはとにかくヘヴィー、演奏自体はもう磐石だけど、もう少し締まった音でやっても良いのかな?という。

M5「魔法」はもうこれはメタルとはいえない爽やかで切ないポップスナンバーに近い感じ。いや、バックはそこまでじゃないんだけど、何しろFuki様の歌が歌謡曲で、全然パワーかけて無いですね。でも、何故かこの曲は物凄く惹かれるんですよ。美しさがあるんだよな、曲全体に。そのまま先行のM6「Icarus」へ(やはり感想はリンクで)。ただ、全体から言うとこれが少し浮いてるかも。今回は全体に軽い歌が多くて、その中ではこの曲が「ストロングFuki様」スタイルで。

M7はツーバスで攻めるサビがクソカッコいい「名もなき友~Lost in Winter~」。この曲調なら今まではどこまでもぐーんと伸びる声で歌っていた筈のFuki様、これも凄く軽く歌ってる、サビなんてもっとガーンと来て欲しいな、とも思う。で、この曲のJaYのソロがかっこ良過ぎる。いや、ほんと上手くなったよなあ、と素人が言うのもどうかと思うけど、16分音符の駆け上がりとかロックの美味しさですよ。

ラブリーってバラードが実は凄く少ないバンドなんですが、本編の最後に持ってきたのがそのバラードであるM8「monument」。

なあ、この歌詞は無いよ。。。。。。


最初に、「周囲の状況は排除」って言いました。でもさ、これ聴いてそれ無視できないよ。

「時計仕掛けの旅」?「ここで途切れてる」?
そうなのか?本当にそうなのか?


前のポストで割と後悔がない感じに記事を書きました。それはその通りだし、疲れたメンバー、今回は殆ど曲を書いていないHibikiには、「これまでご苦労様」でしかない。そうだとしても、やっぱりどこかにここまで聴くとこちらに「次があるんじゃないのか?」という気持ちになります。「monument」という言葉が重い。
それは、全体にこの作品は物凄く今までのラブリーと違う色合いのアルバムだというのが大きい。Maoが殆どを作曲していること、Fuki様の歌い方が余りにメタルから遠いものが多いこと、歌詞が本当にファンタジーに振っていること。これがバンドの歴史の一部であればそれで良いのかも知れません。でも、この先が恐らくは無い。もしかするとまた集まるかも知れないけど、再結成にいつも否定的な私は、それに余り期待していないのもある。
でも、相反するようですが、このアルバムはもう全て受け入れることにしています。それ以外何も出来ない。言っておくと、優れたメロディー、素晴らしい演奏、美しい歌詞、良質で水準の高いアルバムです。こんなバンドはやはり無い。


でも、最後になるなら、次のライブが最後ならば、「素晴らしいラブリー」じゃなくて「凄まじいラブリー」を見せて、魅せて欲しい。もう間違おうが勢い余ろうが構わないから、物凄いものを最後に見せてもらいたい。

多分、もう人生もそんなに長くないし、これほど愛したバンド、直接経験したバンドはもう出ないと思います。だから、最後の最後にちゃんと燃焼して欲しい。5人程度のライブハウスに行くなんて過去にはなかったこと、それをさせてくれたバンドなんですよ。最後、「ほら、スゲーバンドだろう?」って他の人に後悔させるくらいのものにして欲しい。

まだ、まだ終わってないですから。

|

« 期待しかない:K'zライブ@目黒ライブステーション | トップページ | 最後に最後のLIGHT BRINGER »

コメント

Clockwork Journey。Maoさん作曲だったんだぁ・・・。ちょっとびっくりでした。そして、クレジット見て行くうちに・・・、あれ、Hibikiさんの曲が・・・。あぁ、これか・・・と。前作Scenes of Infinityとは全然違う感じのアルバムになりましたね。でも、これはこれで、やっぱり大好きな自分が居ます。やっぱりラブリー最高だよって。「凄まじいラブリー」観せて、聴かせて欲しいです。

投稿: モリモリ | 2014年11月 5日 (水) 19時40分

モリモリさん、有難うございます。

今回は殆どMao作なんですね。もう全然違います。言ってしまえばMaoとFukiのアルバム。もう全て受け入れて全力でライブに。ちなみに終わると関係しているファンで飲み会を、という話です。もし宜しければどうですか?メルアド入れて頂ければメッセージいれます(他の人には見えませんので)。

投稿: ドイツ特派員 | 2014年11月 5日 (水) 21時54分

特派員さん、ありがとうございます。メルアド入れさせていただきました。参加できるかどうかまだ分かりませんが・・・。済みません。
とりあえず、明日の大阪、行ってきます。たまたま所用で三重に居るので・・・。活動停止のことがなければ行くつもりはなかったのですが、もう、そうは言ってられないので・・・。

投稿: モリモリ | 2014年11月 7日 (金) 09時33分

モリモリさん、有難うございます。

とにかく楽しんできて下さい。メッセージはお返しいたしました♪

投稿: ドイツ特派員 | 2014年11月 8日 (土) 18時55分

はじめまして、ブログいつも楽しく拝見しています。
私も2010年10月3日の横浜からライブに参戦しています。
このブログを発見したのは割と最近です。
活動休止の発表で先週は落ち込んでいましたが、
「ファンで飲み会」の単語につられて書き込みさせて頂きました。
もし可能であれば、参加させて頂きたいのですが、
いかがでしょうか?

投稿: グルグル | 2014年11月 9日 (日) 21時13分

はじめまして。

いつも、拝見させて頂いておりますが、初カキコさせて頂きます。

先行発表された、リードトラックの「Clockwork Journey」を聞いた時点で、すごく期待していたのですが、
初聴では、前作と比べて「何これ、期待はずれ?曲調が自分には合わない感じ?」という印象でした。

Fuki様の声、楽器隊の音が軽いなと。

しかし、2周目となると印象がガラリと変わりました良い方向に。

何度聴いても、「monument」での針が動く時の音、切なくて泣かされます。

次作を聴ける可能性が非常に低いのは寂しい限りですね。

大阪、名古屋とライブに行きましたが、新曲はCD以上にハードで且つタイトな仕上がりになっております。

某氏が仰っていますが、ライブでの「魔法」はいいです、マジで。Fuki様に釘付けです(笑)
個人的には、歌詞の中の「ねぇ」の声がツボです、胸がキュンなります。

長々と駄文、失礼しました。

投稿: ダニーボーイ | 2014年11月13日 (木) 13時06分

グルグルさん、有難うございます!そうですか、私の初参加ライブのあの日にいらっしゃったんですね。メッセージは別途送らせていただきましたのでよろしくお願いします。

投稿: ドイツ特派員 | 2014年11月13日 (木) 17時11分

ダニーボーイさん、直近のライブ感想まで、有難うございます!はい、Fuki様はいつでも女神で姫で天使で妖精なのですが、曲によってがらっと変わりますね。早く釘付けになりたいw。ライブではっちゃけましょう!!

投稿: ドイツ特派員 | 2014年11月13日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/60603336

この記事へのトラックバック一覧です: 最後、最後のアルバム:「monument」(LIGHT BRINGER):

« 期待しかない:K'zライブ@目黒ライブステーション | トップページ | 最後に最後のLIGHT BRINGER »