« 苦手分野に困る | トップページ | 心地よさは万国共通 »

2015年3月19日 (木)

和魂洋才:「Royal Eternity」(CROSS VEIN)

今、私の周りで非常に話題になっているのがこのアルバムなんですよ。

はい、美しいボーカルJulia嬢がドーンとジャケに居るCROSS VEINです。いやあ美人ですなあ。

元々CROSS VEINはArt of GradationやAround the Nationでも歌っているIbukiがボーカルだったんですが、その後色々な変遷で現在のラインアップに。で、関東ではじわじわと人気が上がってきた感じですね。当然というか、ボーカルのJuliaの見目麗しいルックスはまず印象的。で、ライブも何回か行きましたが、いや上手いバンドという印象はありました。ただ、のめりこむ感じはなくて、「いいバンドの一つ」という感じで捉えてたんですが、今回は周りの絶賛があったもんで、じゃあアルバム行くぜ!ということで。バンドとしてのコンセプトは「高貴」ということになるでしょうか。Juliaの個性を最大に生かすやり方で、それは正しい方向だと思います。

イントロダクションのM1からおそらくリードトラックの一つであるM2「Eternal Dream」へ。シンフォニックな音作り(これでも以前より抑え気味らしい)からスピードチューンという王道。ボーカルの高音は強烈です。ちょっとヒステリックというか、ギリギリ感が強いから好き嫌いは分かれると思います。それに対し軽く歌うところはえらく可愛いというか。
M3「Precious Liberty」も更にスピードナンバーですが、割とストレートでわかりやすいです。バックは上手いですねえ、ギターなんかもうネオクラ全開で。この曲の歌はまたちょっと違ってて、何ていうか「情念系」が少し出てますね。上手いボーカルですよ。
M4「The Sainted Tower」とかM5「Forget-me-not」なんかもそうですが、全体にポップな色合いは凄く少ないと感じます。それよりはある種の演歌的な感じが強いです。多分Juliaの歌い方だと思いますけど、メタルとかの歌い方ではない。これはかなり好みが分かれるなあ。それは裏返せば唯一無二の個性とも言えるんじゃないかな?
ちょっと面白いのは音処理で、ボーカルに余りエフェクトが掛かってないんですよ。いきなり生々しい声が聞こえるところがかなりある。これも計算だろうな、と思います。M6「Will of Amber」なんかもそういう声が前面に出るようにしてますね。あと、ちょっとイントロで必ず入るボーカルコーラスのエフェクトはしつこいんじゃないかなあ?個人的な印象ですけどね。


M7「Suite Museum」はインスト、少しジャズ的な部分も入れて実力を見せる感じでしょうか。ほんと、今の若手バンドってこういう演奏での不安定さがないんですよね。M8「Maid of Lorraine」もスピードナンバーで安定してます。やっぱりJuliaの声は余裕より切迫感を強く感じる声質ですね。歌い回しに癖があるんですよね、歌い出しのこぶしみたいなところ。


で、ちょっと笑ってしまったのはM9「Sandglass」。某バンドの某曲のイントロとおんなじじゃないかw。ま、それはイントロだけなんですけど、この曲と次のM10「Ephemeral Snow」は同じボーカルとは思えない歌い方。ちょっとこれは否定的な意味なんですけど、凄く平坦な感じで音を埋めているだけに聞こえちゃうんですね。あまり明るさがない曲だから、少し違和感が残ります。


なんていったら個人的にキラーチューンと思っているM11「Brightest Hope」へ。この明るさはあざとさが先にたつ曲調かもしれないし、Juliaの声も厚みで勝負する感じではないから少し面積が足りないところがありますが、いやこれはカッコいいな。惜しむらくはギターソロに入るところはこのコードじゃなくて曲最後の展開でメジャーに持っていって欲しかったですけどね。


最後はまさにアルバム最後を締めるM12「Last Melody」。これは優しい歌い方してますねえ。この辺も何となく演歌っぽい子守唄の印象なんですよね。


いやあ、無茶苦茶水準の高いアルバムぶつけて来たな、っていう印象です。どうしてもこのブログにあるようにJuliaの歌が個性を決めているので気になるわけですが、隙の全くないアルバムです。歌い方に関しては彼女はかなり違う(幅が広い、とは少し異なってる気がしますが)ものを出していて、これからそれを更に曲に合わせていけば凄いことになるんじゃないかな、と思います。あとはこのバンドのイメージと、出てくるそこはかとない「和」の部分をどういう風にバランスさせるか、ですね。

で、動画のトレイラーを。しかしなあ、このイメージも一歩間違えると結婚式場の広告だからなあ(汗)。

|

« 苦手分野に困る | トップページ | 心地よさは万国共通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/61307234

この記事へのトラックバック一覧です: 和魂洋才:「Royal Eternity」(CROSS VEIN):

« 苦手分野に困る | トップページ | 心地よさは万国共通 »