« 世界遺産を歩く:チェスキークルムロフ | トップページ | ライブ告知(まずは日程と内容を) »

2015年5月 1日 (金)

剛速球:「Mardelas I」(Mardelas)

昨年シングルを発表、同時にライブもやって、余りの凄まじさに唖然とした蛇石マリナのボーカルを擁するMardelas、いきなりアルバムをメジャー契約してここでリリースです。


ジャケット、カッコいいんじゃない?

メンバーは

Vo: 蛇石マリナ G: 及川樹京 B: Hibiki Dr: 弓田”Yumi”秀明


で、LIGHT BRINGERのリズム隊ですね。前回のシングルはドラムが打ち込みなので、そこがアルバムバージョンでどう変わっているかも楽しみ。

M1「Eclipse」はMVもあるリードトラックなんでしょう。いきなりの超が付くほどの正統派メタル、純度が無茶苦茶高いです。捻りも全然ありません、ストレートで直球、でもすげー重い直球ですね。

M2「D.D.C」は、インタビューでは新宿の事のようですが、やはりマイナーで剛球をブチ込んできます。バックもあくまでメタル、気持ちいい位あざとさの欠片もない曲ですなあ。ちょっとベースソロで終わるのが消化不良なんだけど、あそこはギターソロと逆でもいいかも。まあそれも最後のマリナのシャウト一発で全て持ってかれるんですけどね。

M3「Daybreak」はシングルのリテイク。やっぱり生のドラムで、Yumiの叩きが素晴らしい。曲が更に生命力を持ったという気がしますね。マリナのVoも更にドスを効かせた歌い方で迫力二割増し。リテイクはこうじゃないとなあ、と思います。

ここまでは、「Mardelasはメタルだぜ!」って曲を並べてきましたね。とにかくマリナのボーカルが強烈過ぎです。ビブラートが物凄く強いから好き嫌いは分かれると思います。ちなみに私は大好きですね、ビブラートが掛かりながら更にぐーーーんと伸びていく声。音程も凄く正確だし、引きの歌も出来る。正直この声だけでアルバムの価値が私にはありますな。規格外って感じです。

で、少し空気を変えたM4「Moonstone」、ちょっと歌謡曲チックな空気を感じます。でもこの曲もサビのメロが好きだなあ。陰影があってキャッチーで、少し力を抜いたところから彼女にしては中域で歌い上げてるという感じ。でも、最後に入る声、ここで持ってかれます、毎度。

M5「Deep-G」はこのアルバムで一番キャッチーかな?そうやって聴いてるとこの曲はメジャーキーなんですよね。その他はマイナーキー主体。ベースの動きが良いなあ、と思います。ギターソロはもろMegadethの「Tornado of Souls」ではありますが(笑)、それも良い感じで嵌ってます。

M6「Hyperfly」はお遊びから入ってお遊びで終わるパートを入れてる曲、バンドの雰囲気を出したかったのかも。カッティングから入る、少し異色な空気のある曲です。重さやメタル色を薄くして、隙間を作ってる構成になってます。まあこういうのも実力があるミュージシャンでないと出来ない遊びの部分ですけど。M7「Waves」はメタルから一番離れた曲ですね。M5と共にポップサイドの曲ですが、この曲では逆にマリナの歌の幅広さが分かると思います。力が抜けても魅力がある歌。

演奏はもう磐石と言っていいでしょうね。今のバンドは演奏力が高いし、この程度は軽く出来るんじゃないかと思います。LIGHT BRINGERのリズム隊、特にHibikiは作曲から外れているんで純粋に演奏を楽しんでるんでしょうし、Yumi(最近は「とっとこゆみたろう」らしいw)のドラムもいつもの安定感とメタルらしい躍動感が素晴らしい。Gの樹京も直線メタルギター、オーソドックスですがカッコいい。ちょっと音質、特にバッキングの音に深みが欲しいな、とは思いますが、今後改善してくれるでしょう。

M8「Phantasia」もシングルからのリテイク。いやあ、ここまで化けるのも元の曲がいいから、というのはありますが、やっぱりYumiのドラムが入ると曲に注入される推進力が全然違います。ちょっと煮え切らなかったイントロのギターやソロも、そんなにフレーズ変えてないんですが生き生きしてるし、シングルですら超絶だったマリナのシャウトが更に凄絶になってるエンディングって何?一体何が起こってるの?っていう唖然さ。震えますね、正直。

M9はヘヴィバラードの趣きの「Amnesia」。こういう情念を感じさせるマイナーチューンをこれだけ歌いこなすのは本当に凄いな、と思います。最初は引きながらどんどん声で引っ張って盛り上げていく、ファルセットと地声を同じ音域でもちゃんと使い分けて、それが生きてるんだよなあ。

ラストM10「Scapegoat」、はい、もうキラーです。降参です、参りました。あのさあ、これでガッツポーズ出なきゃおかしいでしょ?っていうこれぞメタル!という曲。最後なんて、自然に笑っちゃいますよ、嬉しくてね。暴れながらもバンドのタイトさで曲が映える、その中で更に暴れまわるマリナのボーカル。たまんねえ♪

正直言って、結構不安だったんですよね、どんなのが出るか。読んで頂いた通り、もうマリナという凄まじいボーカルを中心にするための曲だと思います。これだけメタルを凄まじく剛直に歌えるボーカルは少ないですよ。歌い方には凄く癖があるのは前述の通りで、駄目な人は徹底して駄目かも知れない。でも、万人に好かれる音楽なんて無いわけで、だったら癖がある方が面白いかも知れない。音楽自体が正統派メタルだから、余計にその個性が浮き出しているし、それが狙いなんじゃないかな?

前回のライブでもステージがカッコいいんだよな。今から楽しみです!

|

« 世界遺産を歩く:チェスキークルムロフ | トップページ | ライブ告知(まずは日程と内容を) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/61523345

この記事へのトラックバック一覧です: 剛速球:「Mardelas I」(Mardelas):

« 世界遺産を歩く:チェスキークルムロフ | トップページ | ライブ告知(まずは日程と内容を) »