« 残り時間 | トップページ | 不思議な秋の出来事 »

2015年10月26日 (月)

洗練の進化:Scrambled Soul Circusライブ@吉祥寺Crescendo

最近は少しライブも行っていなかったんですが、久々に参加してまいりました。

12039411_1167983043232178_589284980
これ、ActroidのCD発売イベントになるはずだったんですが、諸般の事情でCD発売どころかバンドが活動休止、という何とも逆さまな趣旨になってしまったライブです。で、私の一番の目当ては私の大好きなKazuというコンポーザー・ギタリスト率いるScrambled Soul Circus(SSC)です。トリ前で、私はその前のAsraから参加です。

Asraはこれで二回目の仙台のバンド、一回目はもう数年前に水戸で見たLIGHT BRINGERのライブででした。前回の印象もよく覚えていないんですが、今回最初は音像が取りきれなかったんですね。ただ、三曲目くらいから割とメロとコード進行が分かってきて、エスニック風味というのが見えてきました。

で、トリのActroidは前回のArt of Gradationでの対バンに続いて二度目、上に書いたように何ともおかしな感じのライブになってはしまいましたが、ライブでの音は凄く良くて、逆に勿体無いな、という気がしました。ボーカルも凄く通る声、少し残念だったのは同期が豪華すぎて、逆にカラオケに合わせているような感じでした。まあそれぞれ実力はあるミュージシャンという印象ですから、色んな形でまだ活動するんじゃないかなあ?
さて、目当てのSSC。いつもの通りセットは覚えてませんが、今回は前回病気で欠席だった慧の復帰ライブというのも大きかったです。
ドラム、すげーなをい!!
慧って、体は凄く小柄なんですよ。なのに凄く重いドラム。手数も多いし、それは邪魔しない形で音楽に貢献してるなあ、と。MCは何か小学生の国語の音読みたいでしたがw、やっぱり良いドラムだわ。
そんな中でのバンドサウンドですが、これが今までで一番良かったんじゃないか、と思います。とにかくVoのHarukaが凄く安定してました。彼女が所属している元のTears of Tragedyでのライブも含めて、一番良かったライブの一つじゃないかと思ってます。で、それに絡むKazuのボーカルも、以前とは全然歌い方が違うんですが、このバンドではやっぱり必要な部分ですね。彩りが全然変わります。
更にバックも復帰した慧も含め、分かりやすい部分と複雑な部分が上手くかみ合わさっていたと感じましたね。同期入りで1曲失敗してカウント倍にして調整してた曲はありましたが、その他は極めて安定してる。曲調もメタルから離れている部分がありつつも、複雑な一種プログレ的な所も残していて、それがうるさくはない聴こえ方です。が、これは私が元々そういう音楽が好きだからそう思うだけで、そうじゃない嗜好の人はどうなんでしょうね?あと、音のバランスが凄く良くなったなあ、と。ギターが少しボリューム小さめかも知れませんが、これなら初めて聴いた人も曲が分かって楽しめるでしょうね。
もう一つ、とにかくステージングが楽しそうなんだよなあ。Harukaはステージでは何と言うか、無垢なキュートさがあるし、楽器隊も作っていない笑顔(だと思う)が多くて、見ていてこちらも嬉しくなる。分かりやすいポップスでしかめ面されてもやっぱり面白くないですし、それがいつも見られるのは本当に嬉しいことです。「ハミング♪」という曲でHarukaが「みなさん、ルンルンしたいですか?」と言った後に「うわ、やっぱり照れるわ」というようなどうでも良い部分もこのバンドだと何か許せるというか。当然その演奏がバシっとしているのが大前提ですけどね。
多分更に洗練された音楽を作っていくと思うんですが、もしこの方向で注文があるとすれば、同期音源の使い方でしょうか。私が余り同期音源のあるライブが好きじゃない、というのが強いんですが、出来れば同期なし、若しくはKeyを入れて生のバンドの演奏にしたものを聴いてみたい。もっと生っぽさが出たライブっていうのはどんな風になるかは興味がありますね。
早く次のCDを宜しくです!!!!

|

« 残り時間 | トップページ | 不思議な秋の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/62549961

この記事へのトラックバック一覧です: 洗練の進化:Scrambled Soul Circusライブ@吉祥寺Crescendo:

« 残り時間 | トップページ | 不思議な秋の出来事 »