« 少しずつの変化を、その一 | トップページ | 変わろうと思います »

2016年2月15日 (月)

曲の良さとは:Tears of Tragedyアコースティックライブ@川越MDT

春一番が吹き荒れた先日、なんと横浜から川越まで行ってきましたよ。

P2146298


P2146309

P2146300

うをい!!!!!

ということではないのですがw、今回私がずっと追っかけているTears of Tragedy(TOT)のアコライブがあるので行ってきたわけです(ちなみに写真は本人許可頂いてます)。

今回は割と緩く、上で調子ぶっこいてメイド姿になっているVoのHarukaの地元の小さなアメリカンバーみたいなところで、ギターのToruとのアコデュオでした。が、他のメンバーもいて、誠にゆるーい感じのファン飲み会みたいな感じでした。

とはいえ、そこは今までのアルバムでも充分に実力があるのは分かっているバンドと曲、その辺はぬかりはない。。。。が、結構間違えてたりねw。

曲はこんな感じでした。

1.Euclase
2.ワインレッドの心(安全地帯)
3.It Like Snow...
4.Lucis Ortus~The Arclight Of The Sky~Anfillia~Falling Star(メドレー)
5.星の砂
6.Spring Memory
7.LA LA LA Love Song(久保田利伸)

それにしても思うのは、メロディックメタルな原曲でも、アコになってもその良さが変わらないんだよなあ。前から言ってるんですが、Harukaの声って、ストレートな声じゃなくて、結構アクというか癖のある声。場所が場所だけに、普通に結構メンバーとも話したんですけど、彼女の声が結構低めでハスキーなんですね。でもそれが曲に良い意味で個性を作ってるんですよ。女性ボーカルという典型から少し外れるというか。パワーがないようでパワーがある、押しているようでふっと抜けている。特にこういう最小ユニットだと逃げ場がないから、その辺のアラが分かるんだけど、思わず聴き惚れちゃいましたね(でも、歌は上手いが仕切りの日本語は下手だったw)

Toruのギターは全く抑え目なんですけど、良い伴奏アレンジになっててとても聴きやすい。上の曲が終わった後、クラシック曲を数曲やってたんですが、ちゃんと習った極めて正統な弾き方で、懐の深さが凄いなあ、と思います。

このバンド、凄くバンドメンバーが普通なんですよ。お笑いとかでもなく、本当に普通の人たち。で、音楽は極めて真面目で、笑いとか遊びの要素がないんですよね。その辺が原因なのか、余り間違いとかそういうのが気にならない。バンドメンバーにもそのあたりは突っ込みましたが、そういうことも極めて普通に話せる。ある意味ロックバンド的なものは殆どないんですが、それもこのバンドの良さだなあ、と。

正直、前作「Continuation of a Dream」が素晴らしく、それを越える作品という厳しさがあると思いますが、そろそろ新譜を聴きたいと本当に思います。

ほんと、良いバンドですよ。

|

« 少しずつの変化を、その一 | トップページ | 変わろうと思います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/63218132

この記事へのトラックバック一覧です: 曲の良さとは:Tears of Tragedyアコースティックライブ@川越MDT:

« 少しずつの変化を、その一 | トップページ | 変わろうと思います »