« ということで、大瀑布イグアス | トップページ | 大自然第二段の大氷河、エルカラファテ »

2016年4月11日 (月)

ブエノスアイレスは明日の日本?

アルゼンチン旅行、ブエノスアイレスに計7日滞在なわけですが、街を歩くと色々と発見がありますね。

12993497_1263242307039584_518121189

世界で二番目に美しいという評価もあるAteneoという本屋、確かに美しいです。

なんというか、ブエノスアイレスが凄く「かつての栄光を残したまま衰退した街」という雰囲気なんですね。いろんな要素があると思うのですが、街が極めて白人ばかりの欧州と変わらない雰囲気であること、その中で老人の姿が非常に目立つこと、その街が老朽化の目立つこと、そんな幾つかの要素がそういう空気を感じさせるのかも知れません。

Img_1234_2

蚤の市の一光景、クラシックギタリストの音を聴く老カップル、こんな感じのゆったりした方が多いです。

食事はとても美味しいです。現地の物価水準では分からないのですが、少なくとも日本人には量と価格のバランスがおかしい、というくらいの安さです。

12920483_1263243480372800_366167951

995334_1263244920372656_31426474421

上はステーキ、下は牛肉の煮込みで、どちらも二人で一人分を分けて丁度良いくらい、一皿1500円行かないくらいです。

あと、これは意外だったのですが、街の人が非常に静かです。それは蚤の市に行っても客にしつこく言い寄る人が全くいないところで凄く印象に残りました。別の街でも、大きな声で笑ったりする人は凄く少なかったですね。

P4106703

P4106697

お願いして写真撮らせて頂いた蚤の市の店の方。売りつける訳でもなく、静かに接客していました。

食事は旨い、観光もそこそこある、老人が多い。。。。何か明日の日本を見ているようです。歴史ではアルゼンチンは1900年代初頭に世界有数の富裕国になり、それから100年ほどで債務国に転落したわけです。その道を日本が歩んでいるのでは、という危惧を持ってしまいます。

P4116708_2

P4116714

美しい大聖堂の内側、時が止まっているというのはこのことですね。

そんな衰退を避ける方法は私には分かりません。もしかしたらそれは不可避な歴史の必然かもしれませんし、今の日本が分不相応な繁栄を享受しているのかも知れません。

まだまだ旅は続きます。。。。

|

« ということで、大瀑布イグアス | トップページ | 大自然第二段の大氷河、エルカラファテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/63469557

この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレスは明日の日本?:

« ということで、大瀑布イグアス | トップページ | 大自然第二段の大氷河、エルカラファテ »